2009年08月20日

珠洲焼きの里、見て楽しんで食べて美味しい銘菓です。

能登銘菓「珠洲焼の里」・・・バームクーヘンです。

能登半島の突端・・・突き出たところが珠洲市です。

同じ石川県でも、家から3時間はかかるでしょうか。

珠洲には、昔から珠洲焼きという焼き物があったそうな・・・

バームクーヘンの中には、リンゴが一個入っています。

「珠洲焼きの、ぬくもる肌に 紅映えて

椿うるわし 日進堂のつぼ」

こんな句と、椿の造花が添えられていました。

食べる前に、椿の花を壺に飾ってから、

「切ってお召し上がり下さい。」

はい!はい

リンゴとバームクーヘンが、マッチして美味しいです。

リンゴとバームクーヘン、とってもマッチして美味しい

おけいさん、ありがとうございます!


お店ばたけのセミナーで紹介されたことがあり、

一度は食べてみたいと思ってはいたのですが

なかなか珠洲まで行く機会が無くて

思いがけないプレゼントにラッキー

シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ ←応援クリックお願いします!




この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
とても綺麗に撮影されていますね素晴らしい!
食べるまでに時間がかかるバームクーヘンでしょう(笑)

椿は色んな色があって、うちではなかなか捨てれず一輪挿しとして
あらゆるところで活けて?あります。

喜んでいただけて嬉しいです♪
珠洲は、白山からだったら大阪へ行けるほどの距離ですが、
とってもほのぼのとしていいところですよ。
Posted by おけい at 2009年08月21日 18:35
おけいさん、ありがとうございます

能登丼も魅力的ですけど、
「珠洲焼きの里」想像していた通りの美味しさでした。
本当に、ありがとうございました。

箱を開けて・・・食べてしまったらお終い!
そんなお菓子がいっぱいありますが、
なかなか楽しかったです!
Posted by とっちゃん(管理人) at 2009年08月21日 20:40