2008年08月11日

デンファーレとエアープランツを組み合わせたフラワーアレンジは、管理が楽です。

竹の小枝を編んで、花器を作っています。

8月のフラワーアレンジ教室は、暑い時期ですから

花香房夢見草のお店の中で実施しました。

竹の小枝を編んで、

苔玉を入れる花器を作っています。

藁でコモを編む要領です。

デンドロビウムとエアープランツのフラワーアレンジ

デンドロビウム・ファレノプシス・・・通称デンファーレ

比較的育てやすい洋ランです。

あらかじめ苔玉にしておいたデンファーレと、

エアープランツを花器の中に収めます。

ウスネオアイデスをからませて・・・・

管理の仕方は、乾燥しないように

時々霧吹きで水をかけるだけです。

シクラメン・寄せ植え 生産農家から直送!【宮子花園 みやしかえん】

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ ←応援クリックお願いします!




この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
とっちゃん、頑張っていますね〜
写真がどんどん垢抜けていくのがわかりますよ。

挑戦しようと思いつつ実行できない私。
今やるべきことをコツコツこなしているとっちゃんを目標に
頑張るおけいです!

それにしてもお洒落な花器だこと。
いつか習いに行ける日が来るといいなぁ〜。


Posted by おけい at 2008年08月11日 21:52
おけいさん、コメントありがとうございます。

昔は竹の枝を束ねて、竹ボウキを作っていましたが・・・
苔の上の掃除には、なかなか重宝するんです。

おけいさんはお若いから知らないかもしれませんが、
農家の冬は、藁でコモなんかを編んでいました。
祖母や母の姿を思い出します。

Posted by とっちゃん(管理人) at 2008年08月12日 16:27